学校給食費(小・中学校)無償化関連事業について

コロナ禍における原油価格高騰や物価高騰が続く中、次世代を担う子育て世代を地域で支える仕組みづくりが急務であり、物価高騰による学校給食への影響が懸念されている中、保護者負担の軽減に向けた取組を進めるため、学校給食費の無償化を実施するため半年で約5億円の補正予算が組まれました。

​財源は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充当することとしています。

令和4年10月1日から

実施時期

18,552人(小学校 12,068人、中学校 6,484人) ※令和4年5月1日現在

対象者

負担軽減額

小学校 52,000円

中学校(青森県地区) 60,480円、中学校(浪岡地区) 58,590円 ※年間子ども一人当たり